5月23日、新しいメモリアルダンジョンである「ゲフェン魔法大会」が実装されました。ソロ専用ダンジョンということですが、意外と面白かったので、ちょっとレポートしていきたいと思います。

ダンジョンへの行き方

魔法大会への行き方
名前からすると、ゲフェンにありそうなダンジョンですが、原作を基にした「英雄の痕跡」という流れを汲んでいるため、異世界にある次元移動機の中にダンジョンがあります。今回は「フェンリル」という、原作ではめちゃくちゃ強いウィザード(?)がメインのお話で、原作では8巻あたりを基にしたダンジョンのようです。ちなみに原作は6巻までしか日本語訳されていません。

遊べる条件としてはこんな感じ。

  • 異世界クエストをクリアしていること
  • BaseLvが90を越えていること
  • 1人だけのパーティを組んでいること

ダンジョンへの行き方は今までのメモリアルダンジョンと同じ。専用のNPCに話しかけ、ダンジョンを生成した後、特定のポイントから進入します。

参加レポート

魔法大会への入り口

そんなわけで、まずは入り口から。移動装置から少しだけ奥にあるので、移動がちょっとだけ面倒かなという印象。とは言え、他のダンジョンが近いからそう感じるのかもしれませんが。

辿り着いた先

ゲフェンの北からスタートします。このあたりはNPCが変わっていること意外は普通の光景ですね。周りを歩いてみると、魔法のエフェクトがちらほらと見られます。ちなみにこれは演出のようで、エフェクトの中に入ってもダメージを受けたり死んだりしないので、ご安心を。

泥棒ー!

あちこちで、大会参加予定者を見ることができます。見た目はプレイヤーと同じようで、台詞が出たりするので、如何にもPvPを彷彿とさせるような演出になっています。

魔法使い
受付はゲフェン南側の噴水近くにいる男性マジシャンから受付をすることができます。受付を済ませたら噴水から南にあるワープポイントに乗ると、早速大会が始まります。

渋いおじさま
司会のアカデミーマスターが渋い!もし彼が大会に出るならどんな実力があるんでしょう。フェンリルさんと肩を並べるくらいだったりして。

アルヒさん
一人目はノービスのアルヒ君。名前の元ネタって、アヒルのアナグラムなんですかね・・・。
こちらはそんなに強い相手ではないので、ベースLv90になる頃には大体勝てます・・・!

審判も酷い
二人目はマジシャンのディオ君。能力がちょっと及ばず、自信だけがついてった感じの子らしい。司会も何気に酷いこと言ってるwww
クラスに一人は居そうなタイプ。一度挫折を経験させてあげましょう。

こういう人クラスに居ませんでしたか?
最後に負け惜しみまで・・・!

カネイリーさん
3人目は盗人のカネイリーさん。幼い頃に泥棒に全てを奪われた怒りから、泥棒スキルを磨いてきたらしいですが、ちょっと動機がおかしいです。

こちらもそこまで苦労する相手ではないかなーと。このような感じで、勝ち抜き形式で進んでいきます。4人目はモンクのフェモンさんでしたが、写真を撮ってなかった・・・!

負けました・・・。
そして5人目のオルドルさんで負けました。ぐぬぬ・・・。

HPが少ない職しか持ってないので、クリアするのになかなか苦労しそう。

総評

一人で手軽に楽しめることも手伝って、なかなか面白いメモリアルダンジョンでした。特に登場するキャラクターが濃いので、そういう意味ではとっつきやすいダンジョンなのかなーと思います。

クールタイムが23時間なので、1日に一回くらいのペースで気長に楽しんでみようと思います。

おまけ

ユッカが出場してみた

他の出場者っぽくしてみた。尚、一部フィクションが混ざっているので、悪しからず

Author Profile

ユッカ
ユッカアークビショップ
元Radgrid住民、現在Breidablikで活動しているユッカです。移住ついでにレンジャーからABになりました。似非っぽい雰囲気が拭えませんがよろしくお願いします。